就職試験に関すること

SPIとはどの様な試験か

SPI試験の出題範囲の内容

SPI試験の出題範囲については、各企業の人事担当者の判断によって、大きな差が見られることがあります。そこで、求人に申し込みをする際には、就職説明会やセミナーなどに参加をすることで、役に立つ情報をキャッチすることがオススメできます。また、求人の選び方に迷っている人は、決して珍しくないといわれていますが、早いうちに具体的な知識を身につけることが大事です。その他、人気の企業のSPI試験の出題範囲に着目をすることで、忙しい人にとっても、常日ごろから就職活動に対するモチベーションを高めることが可能となります。

SPI試験の出題範囲について

求人案件には面接と合わせてSPI試験を行う企業も多いです。企業によっては、試験の結果を重要視しているところもあり、面接が良くても試験の結果が悪いと不通過という場合もあります。SPI試験の出題範囲については、試験の種類にもよりますが一般的なものは「言語」「非言語」問題になります。国語や数学の要素を取り入れたような問題で、難易度もそれぞれです。中には小論文のような文章記述問題もあります。新卒採用と中途採用の求人によっても問題は異なりますが、出題のパターンなどが決まっているものも多いので、市販の問題集などでしっかり勉強することで対策は可能です。

↑PAGE TOP